フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2008年6月 | メイン | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月28日 (月)

私設資料庫計画 6


遅くなりましたがshock前回からの続きです。
今回の床の石材のこだわった点は、全て天然の大理石(石灰岩)を使用していることです。
石材は採れなくなると次々に生産中止になります。ですので現在手に入らない貴重な石材も含まれています。

友人が石材を床に合わせてカットしているところです。
天然石は変な所からパリッと割れることがあるので慎重に作業しています。
う〜ん、さすがプロだぁ


角を取っているところ。
このような石材の隙間を埋めるためにカットした石はマゴと呼んでいるそうです。

ご覧のように数種類の大理石を使用しました。
あくまでも余りを使用しているため数を合わせる必要があったのです。
ちなみに友人が貼っている石材はこの中で一番高価で\8000もするそうです!
友人に感謝!

友人が貼ってくれてから後日、暇を見て目地を打ちました。
どうでしょうか?
84枚もの世界各地の石材を使用した床。
石灰藻や貝類などの化石も含まれていますので床も立派な展示物・教材です。


こちらは手に入れたガラスケースの一つ。
結局この後、分解して塗装しなおし、フェルトの色も気に入らなかったのでグレーの素材を量り売りで購入して張り替えました。
他のガラスケースも足が無いのは付け直したりしてリニューアルしました。
まだケース調達しないと、、、。

後で色が褪せるかもしれないと不安もありましたが、思い切って扉をイエローに塗り、イギリス産のアンモナイト(ダグチリオセラス)のレプリカをレジンで作って扉に可愛く装飾しました。

まだまだつづく。。。

2008年7月22日 (火)

私設資料庫計画 5

3連休終わっちゃいましたね。
と言っても私は仕事、、、。
そのうち2日は、なんと徹夜(>_<)
いやぁきつかったなぁ。。。

さて本題、連休前の平日、計画していた床張りを実行しました!
今回は強力な助っ人が床張りをしてくれました。
石材を提供していただいた石材施工業の友人とその息子さんです。
貴重な時間を使ってこの計画に協力していただきました。
本当に感謝感謝です!

まずは下地に接着増強剤を塗り、放置して乾燥させます。
施工していただいているのは友人の息子さんです。

接着増強剤が乾燥すると、少しベタベタした感じになります。
その後、合成樹脂系のタイル接着剤を塗り石材を貼っていきます。

今回「素人じゃ難しいよ」と言われたのが、この面合わせです。微妙に異なる天然石の面を合わせるのにゴムハンマーで叩いているところです。
今回使っている大理石(石灰岩)は、もともとクラックも多く欠けやすいのが特徴で貼るのにコツがいるようです。

はみ出た接着剤を水を含ませたスポンジで拭き取っているところです。

室内は良かったのですが、この日は猛暑で外での作業は辛く、アウトドア用品を活用しました。
日陰をつくるだけでなかなか快適なんですよね。

つづきます。。。

2008年7月13日 (日)

私設資料庫計画 4

「私設資料館計画」改め「私設資料庫計画」の4です。
「館」とは大きな建物を意味しますので、とりあえず「庫」の表現で進めていきますね。

こちらは先々週(もうちょっと前かな?)の様子。
外に使う石材のレイアウトを考えているところです。

こんな感じかなぁ。。。と大体レイアウトが決まったところ。
なかなか良い感じでしょ♪
ゾルンフォーフェンの石灰岩にはウミユリやアンモナイトが含まれています♪

先週生コンを打って石材を固定しました。
使ったコンクリートは200キロ!
ここまで私一人でコツコツやったのだけど、さすがにこの日は腰が痛くなりました(苦)
でもシップを貼ってたら数日で治りました♪

建物の内装に関しては素人は難しいということなので後日職人の友人に手伝ってもらう予定です。

「シーラカンス展」レポート


いよいよシーラカンス展が始まるということで北九州市立自然史・歴史博物館「いのちのたび博物館」に行ってきました。

平成20年7月12日、開会式が多数の来賓を招いて行なわれました。
子どもたち、待ち遠しいね♪

入場開始!
大陸移動の証拠の化石や生きたカメのゾーンを過ぎると世界最大のシーラカンス骨格復元模型が!

ブラジルの大きなシーラカンス化石の他、世界各地のシーラカンス化石が展示されています。
これはドイツのゾルンフォーフェン産のシーラカンス。

こちらはレバノン産のシーラカンス。
レバノンの化石ってエビの化石が有名ですよね。私も一つ持っているのですが一緒に入っている標本って初めて見ました♪

シーラカンスと共に今回目玉のブラジルの魚類化石も多数展示してあります。

ここって通路なんですが、足元にあるのって、、、?

ブラジルの魚類化石群です!
もちろん本物です!

この通路の両サイドには、これまたおびただしい数の魚類化石が!
このブラジルの化石は福岡地所株式会社さんから博物館に寄贈されたものです。

子どもさん向けには体験コーナーもありますよ。
(ちなみにモデルは自然史友の会・化石研究部会の会長Hさんです)

アクアマリンふくしまによるシーラカンス水中実写映像も会場で見ることが出来ます。
また、CT画像も見れますよ。

シーラカンス展を記念して、アクアマリンふくしまさん等で販売しているシーラカンスグッズが売店で販売されています。
私は携帯ストラップを買いました♪

このシーラカンスのぬいぐるみなんて良く出来ていると思いません?
万が一売切れの場合はご容赦下さい。

他にもたくさん撮影したのだけどピンボケが多くて反省、、、。
皆さんは是非この機会に会場で実物を見てくださいね。

2008年7月 7日 (月)

シーラカンス展


平成20年7月12日(土)〜8月31日(日)の日程で、北九州市立自然史・歴史博物館「いのちのたび博物館」に於いて、夏の特別展【シーラカンス展】が開催されます!

世界各地から発見されたシーラカンスの化石から大陸移動を紐解くことが出来ます。
会場にはその解説や世界初公開となる全長3.8mもの世界最大のシーラカンスの復元骨格模型が展示されます。
また先立ってテレビ等で報道されたシーラカンスプロジェクトのインドネシアシーラカンスの水中映像(アクアマリンふくしま)をはじめ最新のシーラカンス研究が紹介されます。

その他圧巻なのが《ブラジル産魚類化石が敷き詰められた壁と床》です。
ノジュールに含まれた化石が1719点!(植物化石を含む)
いやぁ度肝を抜かれますよ!

特別展観覧料は、大人600円、高・大学生500円、小・中学生400円、未就学児は無料です。
常設展(大人で500円)は別料金となっております。
常設展と特別展両方観覧される方はセット券(大人で1000円)がお得です。
なお特別展のみ観覧ですとローソンチケットで購入できる前売り券がお得ですよ(大人で500円)

夏休みは、ぜひご家族で「いのちのたび博物館」へお越し下さい。

詳細はこちら
http://www.kmnh.jp/coelacanth/Welcome.html