フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2008年4月 | メイン | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

「芦屋層群の化石」 15 「アシヤツノガイ」


  「アシヤツノガイ」
Dentalium ashiyaensis(Nagao)

分類 掘足綱
産地 北九州市若松区小敷
時代 新生代第三紀漸新世
地層 芦屋層群則松層
採集日 2008.5.18

2008年5月26日 (月)

「芦屋層群の化石」 14 「コモロガイ属の未定種」


「コロモガイ属の未定種」
 Cancellaria sp.

分類 腹足綱コロモガイ科
産地 福岡県北九州市八幡西区里中
時代 新生代第三紀漸新世
地層 芦屋層群陣の原層
採集日 1998.8

2008年5月22日 (木)

科学夜話 Cafepedia 第四話に参加してきました


北九州市小倉のカフェで月一回行なわれている「科学夜話 Cafepedia(カフェ・ぺディア)」に参加してきました。

今夜は第四話目、今回のテーマは「ミクロの世界から人生をみる〜細菌の生態系〜」
語り手に谷口 初美先生(産業医科大学医学部 微生物学教室 教授)を迎えてお話しを聞きました。

私も医療の現場で働く身、話の内容は日々の生活に直結する大変興味深いものでした。

参加された皆さんとの話しも楽しくて私にとっては癒しの空間でもあります。

運営されている皆さん、先生、ありがとうございました。


写真は手のひらの細菌を培養したもの。
消毒後のものは細菌が見えませんね。

カフェ・ぺディアの詳細はこちらhttp://www.cafepedia.net/

2008年5月21日 (水)

珪化木の沢


この道通ったことないなぁとか、この道進むと何処に繋がるんだろうとか思うと、車をそちらに走らせてしまう私。

道=未知の世界なわけです。

そんな私が「進んでみよう」と思った鞍手郡内のある山道。
結果行き止まりだったけど、途中道の横に沢を発見。

車を降りていくと、沢にはゴロゴロ珪化木が転がっていた。
(写真)
第三紀の直方層群のものだろう。
谷の反対側はどうやら花崗岩のようだ。

この前も宮若市内で通ったことの無い山道があったので通ってみた。
道の横の谷が気になったので降りると、その谷に転がっている岩は全て珪化木と石炭で驚いたことがあった。

炭鉱が閉山した現在、かつて筑豊炭田で繁栄した面影は今ではなかなか見る機会はない。しかしまだ自然の中では手付かずの状態で炭層を確認できる場所があるのだ。

こんな寄り道も、たまには良いものです。

職場の私の部屋の水槽


新しい職場に引越しした私の癒しの水槽。

中にはメダカ(北九州市産)、カワニナ(鞍手郡産)とヤマトヌマエビが住んでいます。

もう1年以上も水を替えていない状態なんですが、これが自然に近くて良いかなぁと、、、。

部屋の窓際に置いているのですが、窓からは皿倉山が綺麗に見えます。

2008年5月20日 (火)

北九州某所の貝化石層


北九州市某所の貝化石層です。

造成が終わり、整地された斜面の地層中に帯状に入っています。
確認できる貝類は、キッシュウタマキガイ、アシヤハマグリ、カキの仲間、タマガイなどです。

地層が斜めなので層をそれぞれ観察することができ、化石をほとんど含まない層や巣穴の化石(生痕化石)を含む地層、また炭化した木片を含む層など堆積環境が異なることが分かります。

2008年5月19日 (月)

穴を開けた犯人?


5月18日の日曜は、午前中に飯塚市内の遠賀川に揚げていた鯉のぼりの竹ざおの撤去。
午後からは、いのちのたび博物館で進化研究会に参加。
夕方、北九州市八幡西区某所で第三紀の芦屋層群の地層散策。

その芦屋層群の散策での写真。

なかなかよい型のタマガイでしょ♪

ニッコウガイに穴を開けて捕食したのはお前かな?

この日は保存の良い貝類化石を採集して帰りました。

あ、もうこんな時間。。。寝ようっと。。。

進化研究会3が始まりました


北九州市立自然史・歴史博物館「いのちのたび博物館」に事務局を置く、自然史友の会の進化研究会・第3幕が始まりました。

進化研究会3の第1回目は「日本の古脊椎動物学」
主にこれまでの研究史について担当学芸員の岡崎先生からお話を聞きました。

進化研究会3は来年の3月まで、次の全6回の予定で行なわれます。

7月 奇蹄類と古形哺乳類
9月 偶蹄類のむつかしさ
11月 日本の化石象と年代
1月 原人-夢に終わるか
3月 恐竜-夢が現実に-

自然史友の会では、化石や植物など7つの研究部会と進化研究会があり活動しています。
興味がある方は北九州市立自然史・歴史博物館までご連絡ください。

2008年5月18日 (日)

20万アクセスありがとうございます


先ほどアクセス解析見てたら、なんと20万アクセス突破していました!

このブログ、忙しい時はしばらく止まっちゃったりすることもありますが、これからも辞めることなくずっと続けていきますので宜しくお願いします。

撮り溜めた画像、実はたくさんあって困ってたりするんですよ。
タイムリーなものじゃなくなるので結局アップせずにお蔵入りに、、、。

「芦屋層群の化石」 13 「カキの一種 1」


「カキの一種」
Ostrea sp.

分類 二枚貝綱ウグイスガイ目
産地 福岡県北九州市若松区有毛
時代 新生代第三紀漸新世
地層 芦屋層群陣の原層
採集日 1995.8.20