フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 2008年2月 | メイン | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

雨の日の博物館 2

1に続いて博物館の様子を少し紹介。

まずはアースモールの恐竜骨格標本を後ろ上方から。
ご覧のように、前・横・後ろ、およびその各上方から見ることが可能です。
こんなスケールの博物館って日本じゃなかなかお目にかかれませんよ。
また向かって右側には、白亜紀当時の北九州の様子が恐竜ロボットなどによって再現されたエリアがあります。

続いて、アースモールの新生代の動物骨格標本です。
ちなみに奥にある吊り下げられてあるマンボウの剥製は世界最大なんですよ。
このアースモールの左右にも、ポケットミュージアムなどの個別の展示施設が点在しています。
このエリアを抜けると現生の動物の展示があり、2階の北九州の自然に関する展示へと続きます。


こちらは歴史ゾーンの私のお気に入りの一つ。
炭鉱の社宅が再現されたエリアです。
月が出ていますが博物館の中です。
筑豊で生まれ育った私には、懐かしさがあります。
社宅の中は当時の生活の様子が人形を使って再現されています。
こんな遊び心溢れた再現が嬉しいですね。
他にも竪穴式住居や古墳、農家の住居などが原寸大で再現されています。
歩いていると、入場者の方が「すごく広いねー」と話しているのが聞こえてきました。
隣がイオンですから、家族で博物館で楽しんだ後はイオンでショッピングと一日この周辺で遊べますよ。
もちろん、スペースワールドもありますし♪

雨の日の博物館 1

3月30日の日曜日、天気は雨。
昼から春休み期間中の博物館の様子を見に行った。
もちろん場所は北九州市立自然史・歴史博物館「いのちのたび博物館」
入場者はというと、けっこう盛況で嬉しかったですね。

現在ギャラリー館で開催中の
「5年間のあゆみ展」
人が引けた時に撮影したものです。
垂れ幕・・・そうです!入場者が二百万人を突破したのです♪

新着化石の展示コーナーです。
化石と、その論文が展示してあります。
手前は昭ちゃんさんが発見・寄贈したブラキオダスの化石です。
重要な化石は、こうやって研究され、論文になり、情報が世界に発信されてこそ価値があります。

「博物館を支える人たち」のコーナーです。
自然史友の会と、歴史友の会の紹介がしてあります。
入会の案内もありますので、興味がある方はぜひ入会して一緒に楽しみましょう。

2008年3月30日 (日)

「芦屋層群の化石」 9 「アシヤキヌブクロ」


  「アシヤキヌブクロ」
Crenella subfornicata (Nagao)

分類 二枚貝綱
産地 福岡県中間市新中間病院裏造成工事
時代 新生代第三紀漸新世
地層 芦屋層群則松泥岩層
採集日 1996

2008年3月29日 (土)

シリコーンで型取り


某歯科大の先生から、ある模型(古生物の歯牙)の複製を頼まれて初めて歯科用ではないシリコーンを用いて型取りをしました。
なんとか型取りに成功。
その型にフィギア用のレジンを注入。
4種類頼まれた内、まず小さい方の2種類が無事完成しました。
今回は元々の模型がレジン製だったので、このシリコーンが有効だったけど、化石実物の型取りには歯科用の方が良さそうですね。

「芦屋層群の化石」 8 「アシヤフミガイ」


 「アシヤフミガイ」
Venericardia subnipponica Nagao

分類 二枚貝綱マルスガイ目トマヤガイ科
産地 福岡県北九州市若松区千畳敷
時代 新生代第三紀漸新世
地層 芦屋層群本城層
採集日 2008.3.27

採れたてのホヤホヤ♪
少し小ぶりのフミガイです。

2008年3月27日 (木)

久しぶりのビーチ

今日は休み。
午前中から昼過ぎまで、娘達の用事で学校に行ったりや教科書を買いに行ったりしたのだけど、その後時間が空いた。
でも外は雨、、、。
う〜ん時間がもったいないなぁ、、、。
そうこうしているうち、なんとなく空が明るくなっていく気がして「久しぶりに海へ行こう」と決断して一人車で海へ。

海へ着いたころ、なんと雨が上がって日が差してきた。
ラッキー!
早速浜を散策。
特に面白い漂着物は見当たりません。
でも○○海運と刺繍のしてある厚みのあるツナギが水を吸ってパンパンに膨れているのが波打ち際に漂っていて、ちょっとドキッ!

特に風は無かったけど、打ち上げられた海藻の中にワカメも少し混ざってました♪

写真は干からびて真っ白になった「ハリセンボン」

この後、芦屋層群の貝化石を少し採集して帰りました。

2008年3月24日 (月)

「芦屋層群の化石」 7 「アシヤニシキ」


   「アシヤニシキ」
Chlamys ashiyaensis (Nagao)

分類 二枚貝綱イタヤガイ科
産地 福岡県遠賀郡芦屋町花美坂造成工事中
時代 新生代第三紀漸新世
地層 芦屋層群山鹿層折尾砂岩層
採集日 1998.6.28

アシヤニシキは大きく大変美しいものですが、良い標本にはなかなか出会えません。
含まれている岩盤が非常に固いこと。殻が薄く割れ易いことから取り出すのは容易ではありません。

この標本は、欠けないよう岩盤から出来るだけ大きく取り出そうと汗だくになりながら頑張って掘り出したもので、数時間かけてタガネを叩き、最後取り出す時は体はふらふらになっていました。

木山さんのライブ


たまには違うネタで書きましょう。

先週の春分の日に、歌手の木山裕策さんがキャンペーンのため福岡入りしました。

私のブログに木山さんのブログパーツを貼っているので気になる方は覗いてみてくださいね。

木山さんは昨年、深夜のテレビ番組「歌スタ!!」からメジャーデビューした39歳で4人の子持ちのサラリーマン(現在も)。
私はずっと番組を見ていたので、歌手の夢を諦めずに実現させた木山さんと曲を作ったハンター多胡邦夫さんに感動。
この曲『home』が良くて特にプロモが◎♪
発売してすぐに購入、DVD見ながら何度泣いたことか、、、。

話しは戻りますが、当初、香椎浜のイオンでライブをすることが告知してあったので福岡市まで行こうと考えていたらブログパーツに「急遽、イベントに追加出演決定!3月20日(木)福岡/小倉井筒屋前19:15〜」と書いてある!
昼は博物館に用事があったので小倉は好都合だ。

で、当日。
寝不足のせいか体調不良、、、。
頭痛い。。。お腹も痛い。。。
でも予定をこなし、夜、都市高速で小倉へ。

車をパーキングに停めてイベント会場へ走る。
かなり早めに来たつもりが、既にクロスFMのトギーさんと木山さんがお話ししてらっしゃいました。
「木山さんだぁ」
最初遠巻きに見ていたけど前の椅子が空いていたので座ることに、、、。
この時、なんと近くに座っていた酔っ払いのおばちゃんが「あんたいいおとこやねぇ〜」って絡んできて( ̄▽ ̄|||)
逃げましたよ、、、。
いや参った。
その後ライブまで待ち時間があって、その間におばちゃんは何処かに消えました。

ライブはというと・・・いやぁ木山さん、やっぱ歌上手い!
多胡さんも一緒で感動!
でもお2人さん「寒かったでしょ!」
当日の夜は急に冷えて、、、。
私は体調も悪かったせいもあって寒くてガタガタ震えてました。

この日のイベントは木山さんと多胡さんのブログに載っていました。
その中で詳しく書いてあった多胡さんのブログの写真に、なんと私が写り込んでいました!!!
「キャンペーン in 福岡DATE:2008/03/21(Fri) 19:08 No.225 」の記事の写真は舞台側から撮ったもの。
私は最前列向かって左に座っていてデジカメの画像を確認していました。
いやビックリ!!!

2008年3月22日 (土)

「芦屋層群の化石」 6 「ニッコウガイ」


  「ニッコウガイ」
Angulus maximus (Nagao)

分類 二枚貝綱ニッコウガイ科
産地 福岡県北九州市若松区有毛
時代 新生代第三紀漸新世
地層 芦屋層群陣の春層
採集日 1993.9.19


薄くペラペラの状態で、風化の進んだ泥岩層からコロンっと産出します。

2008年3月21日 (金)

春休み企画「いのちのたび博物館〜5年間のあゆみ展」

平成20年3月22日(土)から4月6日(日)まで北九州市立自然史・歴史博物館1階ギャラリー館に於いて、春休み企画「いのちのたび博物館〜5年間のあゆみ展」が開催されます。

その内容は・・・
 博物館開館より5年間を振り返る企画展を開催します。
 開館から今まで開催した特別展のポスターや当時の展示物の一部を展示するコーナーや博物館の学芸員おすすめの新着標本や珍品を展示するコーナー、博物館を支える人たちによる体験コーナーがあります。

[体験コーナー]
 ◆たたみの上で昔遊びをしよう
  【概要】お手玉などの懐かしい遊びを体験できます。
  【日時】企画展開催中毎日
 ◆レプリカをつくろう!
  【概要】恐竜や三葉虫の簡単なレプリカ作りを行います。
  【日時】企画展開催中の土日 11:00〜11:30、14:00〜14:30
  【対象】小学生以下(保護者同伴)各回先着6名
  【受付】当日先着順(開始10分前より)

入場は常設展の入場料でOKです。

学芸員おすすめの新着標本コーナーには、私が福岡県直方市で採集したアミノドン類の犬歯も展示されます。