フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« Q-ringナビゲーター説明会に行ってきました | メイン | 下関・恐竜足跡化石発見記 1 »

2006年7月23日 (日)

「歯」の化石10 恐竜類8 獣脚類3

白亜紀後期に生息していた「スピノサウルス」の歯です。
産地はモロッコです。
10年くらい前に私が購入したものですが、この頃はまだ高かったですねぇ。
恐竜類の中でも比較的安くて購入しやすいスピノサウルスの歯ですが、最近は特に安くて、このくらいのサイズなら数千円で購入できますね。
以前は数万円、人気の恐竜なら10万円くらいしてたんですけどね。
ちなみに大きなものは縦にスジが入ります。


写真はスピノサウルスの上顎骨。
このスピノサウルス類は獣脚類の中では、ちょっと変わってて顔が細長くなっています。
食性は主に魚食で肉も食べていたようです。


スピノサウルスの歯は細長いですが、同じスピノサウルス科でも、スコミムスやバリオニクスは、まるでワニのような円錐型の歯をしていて魚を食べていたというのが歯からも想像できます。
この2種は、さらに顔が細長くなっています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/18059138

「歯」の化石10 恐竜類8 獣脚類3を参照しているブログ:

コメント

スピノサウルスの上顎骨すっごくデカイですねsign01クロちゃんが持って写ってるので,大きさがかなり分かりますねsmileすご〜いなぁ

今回は、北九州市立自然史・歴史博物館の研究室にあった上顎骨の写真を撮らせていただいたのでラッキーでしたlovelyふつう博物館や恐竜博で展示されているものは、自分の立ち位置から距離があるので、大きさがちょっと分かりにくいかもしれませんね。それにしても、スピノサウルスの歯の化石って、あちこちでたくさん売られているんだけど、「モロッコでそんなに産出するんだぁ」ってビックリしちゃいます。

コメントを投稿