フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 海へ! | メイン | 海へ!リベンジ編 »

2006年7月30日 (日)

下関・恐竜足跡化石発見記 5

5回目です。

平成5年5月23日、快晴です。
いよいよ現地に調査にに行く日がきました。

用意をして家族と一緒に山口県下関市の某海岸へ向かいます。
(一応ここでは詳しい場所を記すのは伏せておきます)

某海岸には、植物化石を産する「豊西層群」の清末層と、貝化石を産する吉母層が露出しています。
今回は清末層が目的です。

現地に到着し車を停め、娘を連れて清末層の露頭へ向かいました。

露頭には潮溜まりが出来ていて、中には小さな魚やイソギンチャクなどがいて観察するのも楽しいものです。

早速、娘が潮溜まりで水遊びを始めました。

私は石に目をやることに、、、sign01

いきなりでした、、、。

本当に、、、。

目の前の黒っぽい泥岩層の中に3本指のように見える砂岩の「かたまり」が、、、。

「あ、あった!?、、、。」

今度はその「かたまり」をじっくり観察する。

恐竜の足跡には様々な状況が考えられる。
直接地面につけられた足跡の凹み。
その凹みに溜まった堆積物。
その下の層まで凹んだアンダープリント。
などである。

これが本当に恐竜の足跡ならば、凹みに溜まった堆積物ということになる。

また、足跡ということであれば歩行しているのだから続きがあるはずだ。

しかしここの清末層は、いまいち地層面がはっきりせず、この時はまだ良く分かりませんでした。

さてどうしよう、、、。

いろいろ考えて結論を出した。

この「かたまり」の周りは、海水による侵食と穿孔貝らしき影響で脆くなっていて、「かたまり」は少し浮いた状態になっていた。

「よし取り出そう。」

すでに「かたまり」は、たくさんの亀裂が入っていて取り出すとバラバラになりました。
そのバラバラになったものを、持って来たプラスチックのパンケースに順番に丁寧に収めました。
小さなかけらも一つ残らずケースに入れました。

取り出した後の地層面には、しっかりと凹みの跡が残りました。

「よし、うまくいったぞ!」

私は興奮しながら家に帰りました。

家に帰ってからは、まず「かたまり」の破片一つ一つの水洗いです。

表面には貝などもついていたので丁寧に剥がします。

その後乾燥させて、接着材でくっつけていきました。

そして、何とかその日のうちに元の形に復元できました。

「先生はこれを見て何ておっしゃるだろう、、、。」

私は、日頃お世話になっている北九州自然史博物館の岡崎先生に今日のことを手紙に書きました。

つづく。。。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/18059204

下関・恐竜足跡化石発見記 5を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿