フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 街の化石博物館7 | メイン | 「芦屋歴史の里」と,Kさん(昭ちゃんさん)のこと »

2006年5月10日 (水)

「歯」の化石8 恐竜類6 竜脚類2

竜脚類の歯の2回目。
今回は「カマラサウルス」です。

北九州市の「いのちのたび博物館」内に展示されている恐竜の骨格標本の中に「カマラサウルス」(手前の黒っぽい骨格)の標本があります。
人間の大きさと比べると、その大きさが分かると思います。

ジュラ紀後期のカマラサウルス科のものとみられる歯(本物です)。

肉食恐竜の獣脚類の仲間の歯は、ほぼ同じような形をしているのに対して、草食恐竜である竜脚類のカマラサウルスは、竜脚類1の時に紹介したレバッキサウルスとは少し異なった形をしています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/18058644

「歯」の化石8 恐竜類6 竜脚類2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿