フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 海響館に行って来ました。 | メイン | 化石の魅力と最近の化石事情3 »

2006年3月15日 (水)

「歯」の化石5 恐竜類3 獣脚類2

写真は皿の上の肉を切るステーキナイフと肉食恐竜アルバートサウルスの歯(レプリカ)です。
どちらも縁にギザギザがあります。

ステーキナイフは皆さんも使ったことがあるかもしれませんが、肉食恐竜の歯って、本当に肉が切れるのでしょうか?

これは大型の肉食恐竜「カルカロドントサウルス」の本物の歯の化石です。

実は以前「いのちのたび博物館」で子どもを対象にした講座で、この本物の「カルカロドントサウルス」の歯を使って肉を切る実験をしています。
その結果は・・・
見事に良く切れたそうです!

右が拡大した縁のギザギザ「鋸歯」(きょし)です。

肉食恐竜の種類によっては、この小さなギザギザの間に、歯にかかった力を分散させるための円状の構造を持つものがいます。
工業用のコンクリートカッター(ジスク)を見たことがある方は想像できるかも。


「歯」の構造って、本当に良く出来てますよね。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/18058442

「歯」の化石5 恐竜類3 獣脚類2を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿