フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 化石って面白い! | メイン | 筑豊での少年時代1 »

2006年1月29日 (日)

化石とはなんぞや?


化石とは、地中に埋もれた過去の生物の遺骸、または痕跡のことを呼びます。

生物の体自体が保存されたものを『体化石』、生物が活動した痕跡が地層中に残されたものを『生痕化石』といい、巣穴の跡や排泄物も化石と呼び、古生物学という学問で研究されています。

化石というと石のように硬くなったものだけを呼ぶように思われますが、シベリアの永久凍土層から発見された「氷浸けのマンモス」のように軟らかい組織がほとんどそのまま保存されているものもありますし(犬が喜んで食べたという話もあるくらいですからから驚きですよね!)、コハクの中に閉じ込められた昆虫のように、当時のそのままの形が保存されているものもあります。

また生物が変化したものに化石燃料(石油や石炭)がありますが、厳密にいうと生物の研究対象にはなりにくいので化石とは呼ばないほうが良いようです。

以上のようなものを化石と呼ぶのですが、生物が死んだあと、分解されずに地中に埋もれてその痕跡を現在まで残すというのは、きわめて稀な現象であり、まして人間に発見されて研究の対象になるなんてことは凄い確立だと思います。

画像は私の化石資料室?の棚の一部。
その凄い確立で私の手にわたった化石たちです。
ここに写っているのは外国産もありますが、倉庫の中には私が集めてきた九州・山口各地の化石がたくさんパンケースに入って眠っています。
いったいどれくらいあるんだろうshock

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/18058232

化石とはなんぞや?を参照しているブログ:

コメント

一口に「化石」と言っても、色々なものがあるんですねmemo生物が活動した痕跡や、巣穴の跡や排泄物も含まれるとは知りませんでしたshock子供の頃、デパートで三葉虫やサメの歯などの化石をよく買ってもらいましたが・・・今考えると、あれって本物だったんだろうかsign02

>hideさん化石っていろんなものがあるんです。そのうち少しずつ紹介していきますね。ところで、デパートで売ってる三葉虫やサメの歯の化石ですが、共にモロッコ産やアメリカ産の化石の可能性が高いですね。サメの歯の場合、ほとんどが本物だと思いますが、三葉虫の場合は注意が必要です。

三葉虫ですが、個体のどこか一部分が欠けてたりすると、その部分だけプラスチックなどで補修して色付けしたり、他の化石からその部分だけ移植したりといった標本を時々見かけます。まあ、そんなの気にしないって方はいいかもしれませんけどsmileあと、中にはレプリカやフェイクとして売られているものもあります。デパートであればちゃんと表示してあるでしょうから、よくラベルを確認する必要がありますね。

確かに出土した地名を書いたラベルが付いていたし、それぞれ形も異なっていたので・・・まず本物でしょうねsmile実家の倉庫に保管してあるはずなんですが、見当たりませんsad今の子供達って、化石の標本とかに興味あるのかなsign02

コメントを投稿