フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

« 筑豊での少年時代1 | メイン | 筑豊での少年時代2 »

2006年1月31日 (火)

ちょっと食玩ネタ♪


出勤途中の某コンビニでお茶のペットボトルに付いていた恐竜模型の食玩。
最近は食品に玩具付けて売るこのスタイル、よく見かけますよね〜(私はこういうのに弱いです・・・特にミニカーに・・・。)

このシリーズは、あの有名な海洋堂制作、造形は松村しのぶ氏ということでよく出来てますよ〜♪
12種類に彩色違いがあり、全部で24種。
私は写真の翼竜、ケツァルコアトルスが出ました。

翼竜といえば、1992年に熊本県御船町の天君ダム上流で、私の知人でもある熊本市立熊本博物館の北村直司先生が骨の化石を発見し、私が日頃凄ーくお世話になっている北九州市立自然史博物館の岡崎美彦先生が鑑定したところ、その骨は翼竜の翼の骨の一部で、中国北西部のズンガル盆地から発見されている翼竜「ズンガリプテルス」によく似ていることがわかりました。

出土したのは、御船層群と呼ばれる中生代白亜紀後期(約9千万年前)の地層。他にもアロサウルス類などの化石が見つかっています。

ちなみにこの翼竜の骨ですが、中は中空、断面は楕円形と、空を飛ぶのに軽くて適しているのがわかります。
翼を広げた感じなんて、まるでグライダーのようですね。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/394108/18058244

ちょっと食玩ネタ♪を参照しているブログ:

コメント

昔は何故か、恐竜のプラモデルを作ってた記憶があります恐竜の色って「想像の世界」なんですよねsign02食玩のケツァルコアトルスも、鮮やかなピンクでフラミンゴみたいですしchick本当は、どんな色だったんだろうな〜smile

恐竜の色は想像の世界です。いろんな色が考えられますよねnoteプラモデルは車関係、特に「サーキットの狼」シリーズから始まって、タミヤのミリタリーシリーズへ変わっていきましたね。ドイツ軍兵士のフィギアを改造してジオラマ作ってました。ウォーターラインシリーズも好きでしたね。

コメントを投稿