フォトアルバム

ごあいさつ

  • 子どものころから化石に興味を持ち、福岡県飯塚市に「筑豊化石収蔵庫」を開設しているクロちゃんです。職業は、歯科技工士。北九州市にある「いのちのたび博物館」でも活動をしています。

僕と化石の出会い

Powered by Six Apart

潮見表

  • 潮見表「響灘」

ガソリン価格 福岡県

2019年3月30日 (土)

先週の自然体験プログラム「いいねん」にて

Dscn1510

Dscn1514

先週あった飯塚市の自然体験プログラム「いいねん」での座学。

この日は妻のつわりが軽かったので、妻にも授業してもらいました。

 by クロちゃん

2019年3月22日 (金)

フィルム画像のデータ化

21日の祭日、フィルム写真時代の化石標本や産地の画像をデジタルデータにして保存するため、厳選したものを写真屋さんに持っていきました。

私が得た情報を広く世間の皆様に知っていただくために、また次の世代に引き継ぐために必要なことです。

また、週末開催予定の座学「筑豊の石のひみつ」のパワーポイントを作っておりました。

対象が小さな子どもを含む家族なので、難しくならないように、、、。

 by クロちゃん

2019年3月10日 (日)

もうすぐ届く「自然史資料集 化石研究部会と芦屋層群の化石」

皆様ご無沙汰しております。

私が所属している北九州市立自然史・歴史博物館 自然史友の会 会誌の特別号が、もうすぐ会員の手元に届きます。

会員には会誌「わたしたちの自然史」がありますが、今回はその特別号になります。

「私たちの自然史 自然史資料集 化石研究部会と芦屋層群の化石」 です!

内容は芦屋層群の代表的な観察地である藍島と馬島の紹介、そして長年会員が集めてきた芦屋層群の化石の紹介等です。

構想から完成まで、資金の問題や構成などで長く時間がかかりました。

その中で、化石研究部会創設からお世話になった博物館顧問のOK先生には、編集から出版までの間、そとんどすべての工程に多大なご協力をいただきました。本当にありがとうございます。

資料の提供や写真撮影では会員の皆さん、編集では博物館の先生方、そして出版では慣れないネット印刷までの校正作業をKIYONOさんにご協力いただきました。

本当に本当にありがとうございました。

化石研究部会として一つ区切りができたように思います。

この特別号ですが、北九州自然史・歴史博物館 自然史友の会会員向けに発送されます。

おそらく明日からご自宅に届き始めると思います。

会員外の方には残念ながら非売品となっておりますのでご了承ください。

 by クロちゃん

2019年2月10日 (日)

いのちのたび博物館 ミュージアムショップオリジナル缶バッチ・マグネット

北九州市立自然史・歴史博物館「いのちのたび博物館」ミュージアムショップ・オリジナル商品が続々と増えています。

Cimg3421

その中の一つ、缶バッチ。

ほんの一例で、種類がたくさんあります。

Cimg3420

淡路島等で見つかるアンモナイト、プラビトセラスのマグネット。

学芸員の御前先生お好みの商品かな?

一部の人に受けそうですねぇー

あ、私もですが。。。

Cimg3422

カンブリア紀のバージェス動物群のシリーズのマグネット。

他にもいろいろあるのですが、マニアックですね~

買っている人に会ってみたくなります。

 by クロちゃん

2019年2月 3日 (日)

第360回化石研究部会例会(室内)「アンモナイトの古生物学」

Cimg3362jpga

Cimg3400jpga

今日は朝から北九州市立自然史・歴史博物館へ出掛けました。

午前中は所属する自然史友の会の事業担当幹事会に出席。

会議終了後は、そのまま博物館に残って、午後から自然史友の会 化石研究部会の例会に参加してきました。

今回は担当学芸員の御前先生による室内講座「アンモナイトの古生物学」です。

先生が子どもの頃、アンモナイトに興味を持ってから今日に至る最新の研究まで、幅広いテーマで話を聞きました。

 by クロちゃん

2019年1月28日 (月)

美祢市ぶらぶら

1月14日、思い立って山口県美祢市へ向けてドライブしました。

Cimg3323

Cimg3321

秋吉台(今回は異なるルートで辿り着きました)

Cimg3311

長登銅山跡(妻と息子は車で爆睡中)

Cimg3325

石灰岩の露頭で、ウミユリやサンゴ化石の観察をしました。

探すのに時間がかかり夕方になってしまいましたが、風化面に化石を見つけた時は、妻も興奮していました。

息子は自然が大好きなので、そこらじゅうを走り回っていました。

Cimg3327

 by クロちゃん

2019年1月21日 (月)

炭鉱の記憶

1_2

子どもの頃、生まれ育った飯塚市で、遊んだ数々の炭鉱の廃墟。

その記憶をもとに、先日とある炭鉱跡を探しに出掛けた。

すると・・・

あるではないか!

もう壊されたかと思っていたが残っていた。

当時、周囲には露天掘りの後や、陥没し坑道が見えていた場所もあった。

懐かしい。

ずっと残っていてほしい遺構である。

 by クロちゃん


2019年1月20日 (日)

パンチトーキョー

Cimg3295

地元の山で、炭鉱の遺構を散策中に見つけたのがこれ。

「パンチトーキョー」なる清涼飲料水のビン。

子どもの頃あったような。。。

残念ながら表のラベルが擦れて消えていたので放置。

 by クロちゃん

下関・元旦小旅行 4 彦島西山の化石層

Cimg3203jpg1

続いて訪れたのは「彦島西山の化石層」です。

海岸にかかる橋の周辺に化石層があります。

駐車場はありませんので、見学するにはちょっと不便ではあります。

Cimg3205

橋には、おそらくグリキメリスと思われる貝の化石をモチーフにしたデザインが♪

Cimg3207

橋の中央付近に海岸へと降りられる階段があります。

Cimg3210

Cimg3208

ここで注意!!!

ここの岩盤は下関市指定文化財(天然記念物)に指定されておりますので、化石の採集はもちろん、岩盤を叩くことはできません!!!

ルールを守って見学だけにしましょう。

Cimg3217

見えている岩盤すべてが芦屋層群の地層で貝化石を豊富に含んでいます。

Cimg3211

Cimg3213

重なり合った二枚貝化石のグリキメリスを見学できます。

Cimg3221

橋の下にも。

過去に地元で化石層の保存運動があり、橋は化石層を避けて建設されました。

保存と研究を考えると難しい面もありますが、これだけ立派な貝化石層がそのまま現地で保存され、何時でも誰でも自由に見学ができるというのは素晴らしいことだと実感しました。

地学の学習におすすめのスポットです。

 by クロちゃん

モンシロチョウ

Cimg3338

今朝、6時ごろに目が覚めてテレビをつけると、ひらひらと何かが舞い上がり、画面にぶつかりました。

何だろうと見てみると、モンシロチョウでした。

じつは12月の初旬、妻の実家の畑から採ってきた大根の葉にアオムシがついていて、飼ってみようと葉と一緒に容器に入れていたら、数日して居なくなっていたのでした。

おそらく蛹になるために移動したのだろうと考えたのですが見つからず・・・。

そして今日、無事生まれたということが判明♪

外に逃がしてあげたのでした。

 by クロちゃん